1. 福岡慎平 日本代表

    「心を整える」。 覚えていますか?この言葉。 ご存知の通り、これはサッカー日本代表キャプテン 「長谷部誠」選手の代名詞! この言葉をタイトルにした本「心を整える。 勝利 をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)」…

  2. 藤川虎太朗 東福岡

    「あいつらが居なくても負けたくない」。 そう語るのは東福岡高校DF児玉慎太郎選手です。 9月初旬に行われた高円宮杯プレミアリーグの第1 1節。 東福岡はG大阪ユースと試合を行い、2-0で勝利 を収めました。 東福…

  3. 関川郁万 流経大柏

    今だに中澤、闘莉王両選手の存在が頭に思い浮か びませんか? センターバック(以下、CB)の人材不足は日本代 表の不安要素の一つ。安定感に欠くの一言です。 それでは、将来期待の大型CBは全く出てくる気配 はないのか・・・いや…

  4. フェキル リヨン

    ナビル・フェキル。 欧州屈指の育成組織を持つ名門クラブ、フランス、 リヨンの生え抜きである23歳のMF。 2015年には過去にジダン、アンリ、リベリー、 アザールも受賞した事のある、、、 「フランスリーグアン年間最優秀…

  5. 若手 監督

    サッカー選手にとっては一つ一つの出場機会が非 常に大事。 そこでどんなプレーを見せるかで、キャリアアップ はもちろん、一流の選手人生を続けられるのかにも かかってきます。 ただ、この出場機会というのはすでにスタメンに定 …

  6. バンディエラ

    バンディエラ。 イタリア語であるこの単語の響き。 美しいですよねー横文字好きな方にはたまらん感じ じゃないでしょうか?笑 サッカー選手の中にはこの「バンディエラ」という 称号、肩書を持つ選手が稀に居ます。 広義に…

  7. サッカー日本代表

    W杯への出場。 1998年のW杯初出場から時は流れ、いつしかこの目 標は多くの日本国民にとって当たり前になってきて います。 ただ、W杯本大会へたとえ進んだとしても世界の強 豪国の壁は言うまでもなく分厚い。 じゃあ、…

  8. ディアワラ ボローニャ

    アマドゥ・ディアワラ。 彼のキャリアは予想外の急展開、進歩を見せていま す。 未だ貧しいギニアの小さなクラブからセリエDのサ ンマリノ、セリエAとBを行き来するボローニャ、 そして現在のナポリ。 現在19歳の歩む進撃…

  9. ガブリエルバルボサ インテル

    ポグバやイグアインなどビックディールの移籍で 沸いた「2016年夏の移籍」。 様々な選手の移動があった今回の市場もこれにて閉 幕。 いよいよ各国リーグの試合も本格化していきます。 そんな2016年夏の移籍の裏には、多く…

  10. デニススアレス バルセロナ 

    デニス・スアレス。 彼は買い戻しオプションにより、今季ビジャレアル からバルセロナに復帰が決まった選手です。 現在22歳。 スター選手がひしめくバルセロナにおいて、果たし て彼は代えの効かない選手へと大成することができ…

RETURN TOP

楽天ショッピングはポイントもどんどん貯まるし楽しい!



ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

Author 斉藤



1984年生まれ。大阪府出身。

僕とサッカーとの出会いは小学4年の時。

市選抜チームの一員として小学6年の時にガンバ大阪のJ開幕戦の前座試合として一度、大阪「万博記念競技場」でプレー。

ガンバジュニアユースのセレクションを受けるもこれは見事に落選・・・。

中学では部活でサッカー部に所属し市選抜メンバー入り。

しかし、地域選抜入りまでとはならず。

また、サッカー雑誌を読むのが大の趣味でこの頃の 愛読誌は「ワールドサッカーダイジェスト」。

高校はよしもと所属のお笑い芸人〇〇さんがかつてキャプテンも務めていた大阪のサッカー部に入部。

3年間高校サッカーに没頭し、大学に入ってからは市社会人2部リーグで優勝を経験し1部に昇格。

その後、メンバー各々の事情もあって残念ながらチームは消滅・・・。

23歳の時にはアメリカ、ボストンに約1年間の語学留学。

韓国、台湾はもちろん、ヨーロッパや南米など世界中の人達との交流はなによりの財産。

あと、けっこうガチの草サッカーを一緒によくしたことも・・・笑

現在は国内外の23歳以下のサッカー若手有望株を一挙紹介するサイト運営に日々、奮闘中。

海外ニュースを独自翻訳した記事も多数あり。

好きな言葉は「点ではなく線で 考える」。

2016年7月からサイト運営1周年を迎え、新たに1名のライターを加えた共同運営を開始。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FBではさらに濃い情報を発信しています!