加藤カレッティ丈の将来は日本?豪州?移籍の噂やプレー動画も

この記事は3分で読めます

あまり偏見がない方は続きを読み進めて
みてください」。

ここ数年で急に増えてきたハーフや2重国籍の選手。

サッカー界にもその流れはもちろんあって
将来の日本代表は、、、

ハーフ選手が当たり前の時代になるんじゃ
ないかと思うほど。

あなたはこう思うでしょうか?

もしこう思うなら、、、

オーストラリア人の父と日本人の母を持つ
『加藤カレッティ丈』選手、、、

この将来有望な選手には注目です。

サッカー通のあなたであれば一度は
聞いたことある名前ですよね?

さらに「2015FIFA U-17W杯」開幕
待ち遠しいと思っているはず。

ということで将来の日本代表にも関係
ありありということで、、、

あなたは加藤カレッティ丈選手について次の
3点を知ることができます。

何歳までにどちらかの代表入りすることを決め
なければいけないのか!?

詳しくは後ほど、、、

加藤カレッティ丈のwiki&経歴
まとめ!身長も

名前:加藤カレッティ丈
   (Joe Kato Caletti)
生年月日:1998年9月14日
国籍:豪州、日本
身長:170cm
利き足:右

1998年生まれの身長170cm。

の仕事の関係でマレーシアのクアラルン
プールで生まれました。

2013年には一度、Jクラブの下部組織の
練習に参加したことも。

そこで日本のユース年代のレベルの高さに
驚いたようで、、、

豪州では通用してた自分のスキルがさほど
高くないことに気付いたという。

その経験で得たものをオーストラリアに帰って
からも意識した結果、、、

同世代では並外れた創造性とスキルを持った
選手に進化を遂げました。

加藤選手のオーストラリアでの所属先は
政府機関でもある、、、

「オーストラリア国立スポーツ研究所(AIS)」

日本の国立スポーツ科学センター「JISS」
モデルにもなった最高の環境で、、、

サッカー漬けの日々を送っています。

         Sponsored link

加藤カレッティ丈の将来は日本
代表?それとも豪州?欧州移籍
の噂も

来有望な選手を発掘するべくスカウトマンが
集結する大会の1つ、、、

「FIFA U-17ワールドカップ」

U-17豪州代表のキャプテンでもある
加藤選手はインタビューで、、、

並々ならぬ決意を持って大会に臨む
語っています。

内容をまとめるとこうです。
⇒海外ニュース記事へ(英語)

とこの大会を欧州移籍の足掛かりにし
後のA代表入りへと飛躍を遂げたいと言う。

となってくるとあなたも、、、

「じゃあ、日本か豪州どっちの代表?」
と気になるところじゃないでしょうか?

これは当然、本人の気持ちが尊重されます。

ただ、19歳でスペイン代表デビューを飾った
『ムニル』選手。

この選手はモロッコとスペインの2重国籍で
早期にスペイン代表デビューを飾った理由は、、、

モロッコ代表入りの権利を失くさせる為との
見方もあります。

いずれにせよ法律上、加藤選手が21歳になる
までに、、、

どちらのA代表でデビューするかです。

豪州と日本の綱引きが始まるのもそんな遠い話
ではないと思うのはぼくだけでしょうか?

バルサ退団!?移籍の噂も気になるムニルはこちら!
⇒ムニルはバルサで輝けるか?プレースタイルは?移籍の噂もチェック

加藤カレッティ丈のポジション
は?プレースタイルも動画で

て、次にこちらも重要なポイント、、、

ポジションや実際にどんなプレーをする
のかということ。

まず、ポジションですが守備的MF、
いわゆるボランチ

そして、そのプレースタイルの特徴
挙げるとすればそれは3点。

①ピッチ全体を見通せる視野の広さ。
②止める蹴るのレベルが抜群に高い足元の技術。
③創造性溢れるパスセンス。

この特徴を見る限り最近ではドルトムントの
『バイグル』に近いと言えるでしょうか。

ということでそんな特徴がギュッと詰まった
プレー動画はこちらからどうぞ!

ドルトムントの若きプレーメーカー、バイグルはこちら!
⇒バイグルは丸岡と同級生!18歳でキャプテン?プレースタイルは?

最後にまとめ!

れでは最後にまとめに入ります。

①オーストラリア人の父と日本人の母を両親に持つ。
 「U-17豪州代表」のキャプテン。

②日本か豪州どちらかの代表でプレーするのかはっきり
 するのは加藤選手が21歳になるまで。

③ドルトムントのバイグルに近いプレーメーカータイプ。

といった感じで加藤選手について少しでも知って
いただけたでしょうか?

ともしあなたがこう思っているならそれは大間違い。

なぜなら、逆に日本が将来的にW杯出場をかけ
豪州と戦う時、、、

「要注意選手」として日本の脅威になり得ます。

「要注意選手」、もしくは「要注目選手」となるのか
今から目が離せません。

PS:
以下の「コメントを書く」から今回の記事の感想を
ぜひシェアしてください。

あなたからの貴重なコメントも必要としている熱心
なサッカーファンは数多くいるので一緒に共有しま
しょう。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ま
た、次回20時15分にお会いしましょう!

アジア人初バロンドーラー誕生のその日まで
-斉藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

毎日仕事で疲れがたまっているあなたへ。この話題の睡眠方法を一度試してみませんか?



アーカイブ

Author 斉藤



もし、あなたがこんなことで気になっているのであれば、このサイトはあなたのためのものです、、、

「将来のバロンドール候補は誰?」

「若手ベストイレブンを組むとしたら?」

「今現在、オススメの若手注目選手といえば?」

もし、この中に一つでも、当てはまるものがあれば、このサイトはあなたのためのものです。

なぜなら、このサイトではサッカー若手23歳以下の注目選手を世界25ヶ国から170名以上、取り上げているからです。

このサイトをチェックすればするほど、あなたは知る人ぞ知る若手有望株を他の方よりもリードして、いち早く見つけることができるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る