木下康介を日本代表に!現在は?評価や海外の反応も調べてみた

この記事は3分で読めます

    

「なぜ日本からは絶対的ストライカーが出てこ
ない・・・」。

あなたも一度はこう思ったことありますよね?

岡崎選手がマインツで点取り屋として覚醒しました
がCFとして最前線を張るには少々、サイズ不足。

そこで今回は身長188cmと大型FWながら抜群のスピ
ードと足元の技術を併せ持つ『木下康介』選手
に迫ります。

「おぉー木下ってそういえばどうなった!?」とあ
なたもきっとお思いでしょう。
何と言っても世界規
格の本格派ストライカーですからね。

ということで今回はそんなそんな木下選手について
この3点のテーマでまとめてみました!

世界的名門「マンチェスターシティ」に認められた
そのポテンシャルとは・・・

木下康介のプロフィール!出身
や高校も

名前:木下康介(きのしたこうすけ)
生年月日:1994年10月3日
出身:東京都大田区
身長:188cm
体重:82kg
出身高校:東京都立美原高校
ポジション:FW

ーストリア、ザルツブルクで活躍する南野選手
とは実は同学年の木下選手。

各世代別代表にも「U-17」「U-19」と選出された実
績を持ちます。

出身は東京都大田区。小学生の頃は「ドリームスサ
ッカークラブ」に所属していました。
⇒ドリームスSCのHPへ

中学入学と同時に横浜FCジュニアユースへ入団する
と順調にユース昇格も果たします

そして、2012年6月には2種登録選手として早くもト
ップチームに合流しました。

        スポンサードリンク

木下康介の評価や海外の反応を
チェック

レミア屈指の強豪「マンチェスターシティ」に
も認められた木下選手のポテンシャル。

入団テストの為のビデオと履歴書を自ら送った程の
本気度でした。

その熱意と行動力は実り、クラブ側がイギリスまで
の渡航費と滞在費を全額負担するというVIP待遇を
用意。

2週間に渡るテストを受験しその類まれなる才能は
マンチーニ監督(現インテル監督)の心をわし掴み
に!

そして、プロ契約が可能となる18歳になるのを待っ
て・・・2012年10月に正式オファー。

順調にシティ入団が決まるかと思いきや、正式オフ
ァー直後にドイツ「フライブルク」の練習にも参加
することに。

「U-21」カテゴリーの紅白戦に参加しいきなりのゴ
ールも挙げたという。すると、シティとフライブル
グに綱引きされる争奪戦となります。

最終的にデビューまで相当な時間がかかると予想し
たシティではなく、出場機会を得やすいフライ
ブルク
を選択。

これは木下選手に対するフライブルクⅡ「メタクサ
ス」監督の評価。

並外れたポテンシャルの持ち主である事は言うまで
もありません。

木下康介の現在は?日本代表入
りに期待

2012~13シーズンの冬からフライブルクでプレー
する木下選手。

入団当初は「U-19」でプレーし、2013~14シーズン
からはドイツ4部が主戦場の「フライブルクⅡ」に昇
格。

開幕戦ではいきなりのゴールを決めるなど絶好のス
タートを切ります。

しかし、U-19日本代表チームへの参加がクラブでの
立ち位置に影響し先発のポジションを失うことに。

徐々に出場機会が減るまではまだ序の口。シーズン
後半の2月以降は背中、膝、足・・・とケガとの戦
いを強いられます。

最終的にシーズン中に復帰することはなく通算ゴー
ル数も開幕戦で挙げた1ゴールのみでした。

翌2014~15シーズンに入ってもケガは癒えず、サッ
カー自体、満足に出来ない状態が続きます。

待望の復帰は2014年末。その後も徐々に調子を取り
戻し年が明けた2015年はゴールを決めるまでに復調
してきました。

ということで2015年3月の試合で決めた2ゴールを動
画でどうぞ!背番号も9を与えられエースとして
の風格も漂っています。

リオ五輪代表「手倉森監督」が考えるリストにも名
を連ねているという木下選手。

リオ経由ロシア行きへ期待が高まります。

最後にまとめ

①東京都大田区出身。中学1年~高校3年まで横浜
 FCの下部組織でプレー。

②プレミアリーグの強豪マンCに認められた実力
 は本物。

③現在はドイツ4部リーグの「フライブルクⅡ」
 でプレー。調子も上向きでトップチームデビュ
 ーも近い。

いうことでいかがでしたか?

日本代表永遠の課題である「決定力不足」。そして
、それを解決する為、最も必要とされる本格派スト
ライカーの台頭!

類まれなポテンシャルを持つ木下選手がその筆頭候
補に挙げられる日もそう遠くないかもしれません。

PS:
以下の「コメントを書く」から今回の記事の感想を
ぜひシェアしてください。

あなたからの貴重なコメントも必要としている熱心
なサッカーファンは数多くいるので一緒に共有しま
しょう。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ま
た、次回20時15分にお会いしましょう!

アジア人初バロンドーラー誕生のその日まで
-斉藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 西野貴治 wiki
  2. 小川諒也 wiki
  3. 和泉竜司 wiki
  4. 小川航基 wiki
  5. 川辺駿 wiki
  6. 中山雄太 柏
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まだ英語の勉強法を探すのに無駄なお金を使いますか?



アーカイブ

Author 斉藤



もし、あなたがこんなことで気になっているのであれば、このサイトはあなたのためのものです、、、

「将来のバロンドール候補は誰?」

「若手ベストイレブンを組むとしたら?」

「今現在、オススメの若手注目選手といえば?」

もし、この中に一つでも、当てはまるものがあれば、このサイトはあなたのためのものです。

なぜなら、このサイトではサッカー若手23歳以下の注目選手を世界25ヶ国から170名以上、取り上げているからです。

このサイトをチェックすればするほど、あなたは知る人ぞ知る若手有望株を他の方よりもリードして、いち早く見つけることができるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る