関根貴大はブンデス注目のA代表候補!海外移籍は?プレー動画も

この記事は3分で読めます

    

Jの若手注目選手を3人挙げてください」。

とあなたがこう言われたら誰を挙げますか?

おそらくこの選手は真っ先に頭に思い浮かぶ
んじゃないでしょうか。

『関根貴大』選手は浦和レッズの
ヤングスター。

チームの平均年齢が徐々に上がってきている
レッズにおいて、、、

フレッシュで時にチームのスイッチを入れる
関根選手の存在感は抜群。

2015年10月にはリオ五輪出場を狙うU-22
代表にも初選出。(手倉森監督、遅すぎる)

そんなJの若手注目株の関根選手について
あなたが今回知れるのはこの3点

ここから先はサッカーに身長が関係あると
思っている方は読まないでください。

それではいってみましょう。

関根貴大のプロフィール&経歴
まとめ身長や高校も

名前:関根貴大(せきねたかひろ)
生年月日:1995年4月19日
出身:埼玉県鶴ヶ島市
身長:167cm
体重:63kg
出身高校:埼玉県川口市立県陽高校
利き足:右足

イツ移籍情報も気になるところですが
まずはプロフィールから。

出身は埼玉県鶴ヶ島市。

中学入学と同時に浦和レッズの下部組織
に入団。

こんな話、あなたはご存知でしたか?

関根選手が中学生の頃の2009年。

ちょうどその頃、レッズの先輩にあたる
『原口元気』選手が、、、

トップチームで活躍し始めた頃でした。

お決まりのごとくメディアは原口選手を
「レッズの最高傑作」と盛り立てます。

ただ、コーチ陣などのチーム関係者は
この頃、、、

「ジュニアユースにもっといいのが
 いるよ」

とある記事に書かれていました。

何を隠そう、「もっといいのがいる」
というのは、、、

もちろん、この関根選手。

さらにさらにもっといい高校生がいるのご存知でしたか?
⇒橋岡大樹はMr.飛び級!出身や身長は?ポジションやプレースタイルも

そんな、若くからその恵まれた才能を努力
でさらに開花させてきた少年は、、、

2014年にトップ昇格。

2年目にはペトロヴィッチ監督の、、、

信頼を完全に得てレッズに不可欠な選手へ
飛躍しました。

          Sponsored link

関根貴大はブンデスクラブも注
目するA代表候補!海外移籍は?

なたはスタジアムのVIP席が気になった
ことありませんか?

「今日はお忍びで海外のスカウト陣とか
 来てたりして」
、、、

こんな風に変にテンション上がるのぼくだけ
だったらすいません(笑)

2015年6月、「埼玉スタジアム」、、、

J1第15節「浦和vs清水」戦のVIP席に
ある1人の外国人がいました。

その男は「ゲルト・エンゲルス」

あなたもご存知でしょう、、、

2007年にレッズがアジア制覇した時の
コーチですよね。

この時、エンゲルスはブンデスの古豪、、、

「ボルシアMG」のスカウト陣達と試合を観戦
していたという。

この時、ボルシアMGはサイドの若手選手を
探していた時で、、、

関根選手がターゲットの1人だったのは間違い
ありません。

今やブンデスクラブからすればJで勢いのある
若手は格好の狙い目。

ボルシアMGが継続的にその成長を見守って
いる可能性は高いでしょう。

リオ五輪での活躍いかんで一気に海外移籍、
さらに、、、

A代表入りも現実味を帯びてくるかも
しれません。

関根貴大のポジションは?
プレースタイルも動画で

論より証拠」、、、

ということでどんなタイプの選手なのか!?
これ重要です!

まず、ポジションですがそれについて
チームメイトの槙野選手はこう語ります。

複数のポジションをこなす選手。

基本はサイドの選手で両足を器用に使える
ことから左右サイド、遜色ありません。

そして、身長167cmと小柄ながらその低さを
逆に生かした俊敏性は武器。

プレースタイルの特徴を挙げるとすれば
この3点

①一瞬のスピードで相手を置き去りにする
 ドリブル突破。

②トップスピードでも左右両足を使いボールを
 器用に扱う。

③精度の高いクロス、シュート。

といった感じでそんな特徴がギュッと詰まった
このプレー動画をどうぞ!

最後にまとめ

れでは最後にまとめに入ります。

①出身は埼玉県鶴ヶ島市で身長167cm。
 レッズ生え抜きにして最高傑作。

②元レッズ監督のエンゲルスとボルシアMGの
 スカウト陣が揃って視察に来ていた。

③最大の持ち味は一瞬のスピードと両足を器用に
 使ったドリブル。

といった感じで関根選手について少しでも
知っていただけたでしょうか?

レッズで積み上げる実績、U-22代表に初選出、、、
と順調にそのキャリアを築く関根選手。

ただ、それもまだまだ序の口

その先にはA代表入り、そして、レッズの先輩
「原口選手」を追い越すべく、、、

海外移籍も視野に入ってくるでしょう。

身長が低いことは比較的、大きい選手が多い
海外では逆に強みになる。

「強みと弱みは表裏一体」、、、

関根選手のさらなる成長曲線から目が離せない。

PS:
以下の「コメントを書く」から今回の記事の感想を
ぜひシェアしてください。

あなたからの貴重なコメントも必要としている熱心
なサッカーファンは数多くいるので一緒に共有しま
しょう。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ま
た、次回20時15分にお会いしましょう!

アジア人初バロンドーラー誕生のその日まで
-斉藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 南野拓実 wiki
  2. 中島翔哉 wiki
  3. 牧野寛太 wiki
  4. 浅野拓磨 wiki
  5. 端山豪 wiki
  6. 久保建英 wiki
    • ほりほー
    • 2015年 11月8日

    ACL制覇時の監督はオジェックですよ。
    ゲルトはコーチ

    • 斉藤
      • 彦一
      • 2015年 11月9日

      申し訳ございません。リサーチ不足でした。

      内容はすでに修正しております。
      ご指摘ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

唯一無二のサッカー専門誌、月刊「フットボリスタ」最新号



23歳以下の若手で今、最高の評価を受けている選手とは?市場価値ランクトップ10

楽天ショッピングはポイントもどんどん貯まるし楽しい!



アーカイブ

Author 斉藤



もし、あなたがこんなことで気になっているのであれば、このサイトはあなたのためのものです、、、

「将来のバロンドール候補は誰?」

「若手ベストイレブンを組むとしたら?」

「今現在、オススメの若手注目選手といえば?」

もし、この中に一つでも、当てはまるものがあれば、このサイトはあなたのためのものです。

なぜなら、このサイトではサッカー若手23歳以下の注目選手を世界25ヶ国から170名以上、取り上げているからです。

このサイトをチェックすればするほど、あなたは知る人ぞ知る若手有望株を他の方よりもリードして、いち早く見つけることができるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る