山口瑠伊は日仏ハーフGK!出身や身長は?フランスへ渡った理由も

この記事は3分で読めます

山口瑠伊 wiki

代の日本代表GKに満足している方はここでペー
ジを閉じてください。

とは言え、川口能活選手や川島永嗣選手など今や日
本のGKも海外でプレーする時代。明らかに日本サッ
カーが進化を遂げている証明です。

それでもあなたは間髪入れずにこう言うでしょう。

「進化しているのは他国も一緒。それに世界的GKと
の実力差はまだまだとんでもなくあるぞ!」

では近未来、日本から世界的GKが誕生する可能性は
ゼロなのか・・・?

あなたはフランス1部リーグ「FCロリアン」の下部
組織でプレーする『山口瑠伊』(るい)選手を
ご存知でしたか?

17歳で父の母国であるフランスへ渡り将来はフラン
ス代表ではなく日本代表入りを熱望!

「えっ!ロリアンに日本人いたんや!?」とあなた
は少しびっくりしたかもしれません。

ということで今回はそんな山口選手についてこの3点
のテーマでまとめてみました!

2020年東京五輪正GKの座は一体どの選手の手に
渡るのでしょうか・・・。

山口瑠伊のwikiプロフィール!
出身や身長も

名前:山口瑠伊(やまぐちるい)
出身:東京都新宿区
生年月日:1998年5月28日
身長:183cm
体重:70kg
ポジション:GK

まれは東京都新宿区。小学生時代は地元の新宿
区早稲田を中心に活動する「FC WASEDA」に所属。

と早速、公式サイトを覗いてみると山口選手がトッ
プページにどどーっんと載っていました(笑)
「FC WASEDA」公式サイトへ

中学生になるとFC東京の下部組織「FC東京U-15深
川」へ。ハイレベルな正GK争いを繰り広げます。

それでもそこは勝負の世界。勝者もいれば敗者もい
ます。

残念ながらユース昇格できなかった選手もいる中、
山口選手はU-18へとステップアップ。

それでも正GKの座は言うまでもなくたった1枠
ハイレベルなポジション争いをカテゴリーが上がっ
ても強いられます。

そこで山口選手はある一つの決断を下すことに・・
・。

それは父の母国、フランスへ渡っての新たな挑戦

こうして、17歳でFC東京を退団しフランス1部リー
グ「FCロリアン」ユースへ。

「日本代表になりたい」との夢を叶えるべく新天地
を求めた山口選手。

その思い切った行動が早速、実ったのか2015年7月に
は「国際ユースサッカーin新潟」を戦うU-17代表に
選出。

U-15代表候補止まりだったので実質、これが各世代
別代表初選出となりました。

        Sponsored link

山口瑠伊がフランスへ渡った理
由とは?

GKの座は言うまでもなくたった1枠。

これは本当に過酷な世界でGKとして生きていく以上
避けては通れない道。

山口選手もFC東京ユース時代に厳しいハイレベルな
ポジション争いを強いられました。

実際にユース昇格を果たしたまでは良かったものの
U-18で正GKの座を先に掴んだのは195cmの長身を誇
る「波多野豪」選手。

そこで山口選手はもう一度サッカーに本当の意味で
集中するべく違う道、言わば環境を変えることを決
意。

その答えが父の母国フランスへの新たな挑戦へと繋
がりました。

これはあのユニクロ「柳井社長」の名言。

こうして新しい環境へ飛び込んだ山口選手は「選手
の自主性」を重んじる欧州スタイルで日増しに成長

ご存知、元日本代表主将「宮本恒靖」さんは欧州流
指導法についてこう語ります。

実際に山口選手はフランスでの日々についてある記
事でこう語っていました。

と、充実したサッカー漬けの日々を送れていると
いう。

山口瑠伊は日仏ハーフGK!ラ
イバル争いが熾烈

つて山口選手も所属していたFC東京U-15世代
には他クラブも羨むほどの優秀なGK揃い。

まずは高校サッカーの超名門、青森山田の正GK、
「廣末陸」選手。

次に先程も少しお伝えした身長195cmを誇る「波多
野豪」選手。

廣末選手はU-15時代に山口選手とのポジション争い
に敗れ新天地、青森山田へ。

それでも今は飛び級でU-18代表に選ばれるなど急成
長。波多野選手に至ってはFC東京の2種登録選手に

また他にも同世代の選手にはこういった強者達が

イタリア人と日本人のハーフでインテルからも熱視
線を浴びているというファンティーニ燦選手。

さらには高校No,1GKとの呼び声高い、通称「東福岡
のノイアー」脇野敦至選手。

これらの強力なライバル達とのハイレベルな正GK争
いがこれからも続く山口選手。

しかし、捉え方を少し変えれば更なるレベルアップ
の為にはライバルの存在が必要不可欠。

フランス仕込みのプレーでライバル達より一歩抜き
ん出てこれるか注目です。

最後にまとめ

①東京都新宿区出身の身長183cm。17歳で父の
 母国フランスへ新天地を求めた。

②フランスへ渡った理由はもう一度サッカーに本
 当の意味で集中する為に環境を変えたかったか
 ら。

③同世代には数多くの優秀なGKが。ポジション
 争いが超熾烈。

いうことでいかがでしたか?

15/16シーズンからはロリアンでU-17からU-19へと
昇格を果たすなど秘めたるポテンシャルは抜群。

このままトップ昇格まで突き進めるのか・・・。

フランスでの飽くなき挑戦はまだまだこれからも続
きます。

PS:
以下の「コメントを書く」から今回の記事の感想を
ぜひシェアしてください。

あなたからの貴重なコメントも必要としている熱心
なサッカーファンは数多くいるので一緒に共有しま
しょう。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ま
た、次回20時15分にお会いしましょう!

アジア人初バロンドーラー誕生のその日まで
-斉藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 野田裕喜 wiki
  2. 三国ケネディエブス wiki
  3. 呉屋大翔 wiki
  4. 小川航基 wiki
  5. 中島翔哉 wiki
  6. 川辺駿 wiki
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



アーカイブ