ウラレは身長196cmを誇るベルギーの怪物FW!評価やプレーの特徴は?

この記事は3分で読めます

    

なたは一部の人だけが知っている海外サッカー
の若手有望株に興味がありますか?

もし、あるなら続きを読み進めてみてください。

今回、取り上げるのは成長著しいベルギーから
この怪物FW『オビ・ウラレ』

1996年生まれで同じくベルギーのベンテケ、ルカ
クよりさらに高い身長196cm。

2015年夏の移籍市場ではビッククラブからも熱視
線を浴びていた注目の若手です。

ということで今回はそんなウラレについてこの3点
のテーマでまとめてみました!

ただの背の高いポストプレイヤーではないという
事は後ほど詳しく、、、

ウラレはアザールやオリジを
輩出したリールユース出身

名前:ママドゥ・オビ・ウラレ
   (Mamadou Obbi Oularé)
生年月日:1996年1月8日
国籍:ベルギー、ギニア
出身:ベルギー、ワレヘム
身長:196cm
体重:94kg
利き足:右

ーナ人の元プロサッカー選手でもある『スレ
イマヌ・ウラレ』を、、、

父に持ち出身はベルギー、ワレヘム。

父は元日本代表FW『鈴木隆之』選手と同じく
「ヒュースデン=ゾルダー」でもプレー。

ベルギーの名門「アンデルレヒト」ユースなどで
スキルを磨き2006年にはフランス、リールへ。

このリールはチェルシー『エデン・アザール』
リバプール『ディボック・オリジ』を、、、

輩出するなどフランス屈指の育成クラブ。

ウラレもそのリールで2011年までの5年間、高い
レベルで着実な成長を遂げ、、、

ベルギー帰国後の2014年9月、クラブブルージュ
でトップチームデビュー。

1年目から公式戦30試合出場7ゴールの実績を残し
シーズン終了後、、、

移籍金約8億円で9シーズンぶりにイングランド、
プレミアリーグへ返り咲いた、、、

昇格組の「ワトフォード」と5年契約。

背番号は10代ながら期待の高さを表す10が与え
られました。

        Sponsored link

ウラレの欧州での評価は?
過去にマンUやドルトも接触?

「デイリーエクスプレス」によると2015年
夏の移籍市場でマンUやエバートンのプレミア勢、、、

さらにあの「ドルトムント」も獲得を狙っていた
と報道。
元記事へ(英語)

今やブンデス屈指のプレーメーカーへと成長した
『ユリアン・バイグル』を発掘した、、、

『トゥヘル』監督もウラレを高く評価していたと言い
そのポテンシャルの高さは証明済み。

でも、あなたはこの状況で「なぜワトフォード?」
と思いますよね?

それはやっぱり、出場機会を第一優先に考えたん
じゃないでしょうか?

同じくベルギー代表のルカクのチェルシー移籍は
失敗、、、

ベンテケにしてもアストンヴィラと決して強豪とは
言えないクラブを選択しましたからね。

実際にワトフォード『キケ・フローレス』監督はウ
ラレをこう評します。
元記事へ(英語)

と15/16シーズンの出場は未だゼロ(第15節時点)。

ただ、フローレス監督も語る通り11月に入りベンチ
入りも増えてきた事から、、、

プレミアデビューは時間の問題と思われます。

トゥヘルの秘蔵っ子「バイグル」はこちら!
バイグルは丸岡と同級生!18歳でキャプテン?プレースタイルは?

ウラレのプレースタイルは
ベンテケ似?動画でチェック

なたはもしかしてウラレをただ背の高い
ポストプレイヤーだと思ってませんか?

ぼくも最初は思いましたよ….ハーフナー選手の
イメージが強すぎて(苦笑)

ただ、ウラレの場合、足元の技術は高くアフリカン
特有のバネを生かしたスピードも平均値以上。

そのプレースタイルの特徴はこの3点。

①サイドからのクロスにめっぽう強い打点の高い
 ヘディング。

②一瞬の加速力でタイミング良く裏へ抜け出す。

③ゴール前でターゲットになる事はもちろん、
 パサーとしてチャンスメイクも出来る。

という事でそんな特徴が凝縮されたプレー動画は
こちら!

フランス、ベルギーの育成力の高さに脱帽です…。

最後にまとめ

①アザールなどを輩出したフランス、リールの下部
 組織で5年間プレー。

②ワトフォード移籍が決まる前にはマンU、ドルトム
 ントも獲得を狙っていた。

③ベンテケに近い重戦車タイプ。ただ、テクニック、
 スピードも併せ持った危険なストライカー。

いうことでウラレについてまとめてみましたが
いかがでしたか?

ユーロ2016、そして「2018ロシアW杯」で優勝候補
に挙げられるまでになったベルギー代表。

このウラレはそんな代表チームで近い将来、ハイレ
ベルなFW争いに十分、食い込める素材

まずはプレミアの水に慣れワトフォードでの
ブレイク、、、

それがビッククラブ移籍へと繋がるのは言うまでも
ない。

あのベンテケのように。

PS:
以下の「コメントを書く」から今回の記事の感想を
ぜひシェアしてください。

あなたからの貴重なコメントも必要としている熱心
なサッカーファンは数多くいるので一緒に共有しま
しょう。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ま
た、次回20時15分にお会いしましょう!

アジア人初バロンドーラー誕生のその日まで
-斉藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. プラート wiki
  2. ルカク wiki
  3. アザウィ wiki
  4. バチュアイ wiki
  5. ティーレマンス wiki
  6. ヤヌザイ wiki
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊フットボリスタ最新号



楽天ショッピングはポイントもどんどん貯まるし楽しい!



アーカイブ

Author 斉藤



もし、あなたがこんなことで気になっているのであれば、このサイトはあなたのためのものです、、、

「将来のバロンドール候補は誰?」

「若手ベストイレブンを組むとしたら?」

「今現在、オススメの若手注目選手といえば?」

もし、あなたが一つでもあてはまるなら、このサイトはあなたのためのものです。

なぜなら、このサイトではサッカー若手23歳以下の注目選手を世界25ヶ国から170名以上、取り上げているからです。

このサイトをチェックすればするほど、あなたは知る人ぞ知る若手有望株を他の方よりもリードして、いち早く見つけることができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る