篠塚一平がロシアの地から日本代表へ!現在は?プレースタイルも

この記事は3分で読めます

    

アンダー世代はロシアで将来は日本代表で」。

と将来の日本代表入りを夢にロシアで戦う1人の
若者をご存知でしたか?

それはロシア人の父と日本人の母を両親に持つ
ハーフ『篠塚一平』選手。

U-18ロシア代表にも選ばれた経験を持つ
実力の持ち主。

本田選手がCSKAモスクワでプレーしていた
2011年にロシアのテレビ番組で、、、

本田選手に会いに行く内容が放送されたこと
はあなたもご存知かもしれません。

さて、そんな将来の日本サッカーを語る上でも
外せないこの篠塚選手について、、、

今回あなたは次の3点を知ることができます。

高校1年ではベンチ、でもロシアU-18代表に
選ばれるまでになった、、、

という篠塚選手のこれまでの経歴とは!?

篠塚一平のプロフィール!
出身や身長も

名前:篠塚一平(しのずかいっぺい)
出身:千葉県我孫子市
生年月日:1995年3月20日
身長:177cm
体重:69kg
利き足:右

身は千葉県我孫子市(あびこし)。

キャリアのスタートは小学3年で入団した
地元の少年団チーム「隼」。
⇒公式サイトへ

高校は千葉県の「中央学院高校」
進学にサッカー部に入部。

しかし、2011年の東日本大震災の影響で
ロシアへ一時避難していた時に、、、

ロシアでも有数の育成クラブ、
「チェルターノバ」のテストに合格。

舞台をロシアに移します。

チェルターノバ入団後は身長が10cm
も伸び、、、

持ち前のスピードとドリブルを武器にその
才能が一気に開花。

高校1年までいた中央学院高校でレギュラー
になれなかったのがウソのような、、、

目覚ましい活躍を魅せ始めます。

当然、その活躍はロシアの強豪クラブ、、、

「スパルタクモスクワ」のスカウト陣にも
届き、2012年夏、17歳で3年契約を勝ち取る。

また、ロシアU-18代表にまで呼ばれ、ロシア
の若手注目選手の1人にまで飛躍しました。

        Sponsored link

篠塚一平は将来期待の若手有望
株!現在は?

パルタクモスクワと契約後は控え選手が多く
出場するリザーブチームでの出場がメイン。

ただ、2018年W杯開催国でもあるロシア。

そのビックイベントに向けてロシアサッカー
協会は「育成改革」へ乗り出します。

その内容は現状のリザーブチームにもう1つ、
リザーブチームを新設するというもの。

これに答える形でクラブは「スパルタクⅡ」
を新設。

こうして篠塚選手は「スパルタクⅡ」と
リザーブチーム両方に登録され、、、

実戦経験を多く積むには最高の環境を
手に入れます。

「日本ももっと協会が先陣切って育成改革に
 乗り出せよ!」

との批判はここでは勘弁してください(苦笑)

その後も主に「スパルタクⅡ」で順調に成長を
遂げていった篠塚選手は、、、

14/15シーズン、「19試合出場1ゴール」
結果を残す。

全て途中出場ではあったものの西部地区を優勝
したチームに貢献。

それでも、2014年には2017年までの契約延長
を勝ち取ったこともあり、、、

クラブも将来的に大きな期待をかけています。

フライブルクで奮闘するこの選手の現在も気になる!
⇒木下康介を日本代表に!現在は?評価や海外の反応も調べてみた

篠塚一平のポジションは?
プレースタイルを動画で

こからは実際にどんなタイプのプレーヤー
なのか!?

といった点について見ていきましょう。

まずはポジション。

この画像では2列目右サイドとトップ下
なってますが、、、

一度、トップチームの親善試合では左サイド
で途中出場しています。

ということで攻撃的MFの位置であればどこでも
こなす
と考えて問題ないでしょう。

そして、そのプレースタイルの特徴を挙げると
すればそれは3点。

①スピードとテクニックを生かしたドリブル突破。
②正確で意外性のあるラストパス。
③ヒザ下の振りが速くキレのある高精度のシュート。

ではそんな特徴がギュッと詰まったプレー
動画をはこちらからどうぞ!

いかがでしょうか?

そのプレースタイルはまるで「ネイマール」
のようです。

ネイマールと言えば京都から海を渡ったこの選手も!
⇒奥川雅也の海外の反応は?南野との競演は?プレースタイルも

最後にまとめ!

後にこの3点でまとめに入ります。

①千葉県我孫子市出身の身長176cm。
 ロシアU-18代表経験も持つ。

②14/15シーズンはスパルタクⅡで19試合に出場し
 チームの地区優勝に貢献した。

③ドリブルが最大の武器でそのプレースタイルは
 ネイマールに近いモノを持っている。

といった感じで篠塚選手について少しでも
知っていただけたでしょうか?

2018年ロシアW杯の時には23歳

本人は将来、日本代表でのプレーを夢見て
いて母もそれについてこう語ります。

トップチームデビューも間近でどんな成長曲線
を描いていくのか注目です!

将来、ロシアでの活躍が認められ代表入り
の声が囁かれ始めた時、、、

日本の秘密兵器はそのベールを脱ぎます。

PS:
以下の「コメントを書く」から今回の記事の感想を
ぜひシェアしてください。

あなたからの貴重なコメントも必要としている熱心
なサッカーファンは数多くいるので一緒に共有しま
しょう。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ま
た、次回20時15分にお会いしましょう!

アジア人初バロンドーラー誕生のその日まで
-斉藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
    • いちごみるく
    • 2017年 3月11日

    篠塚一平選手って確かお父さんじゃなくてお母さんがロシア人のはずでしたよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

唯一無二のサッカー専門誌、月刊「フットボリスタ」最新号



23歳以下の若手で今、最高の評価を受けている選手とは?市場価値ランクトップ10

楽天ショッピングはポイントもどんどん貯まるし楽しい!



アーカイブ

Author 斉藤



もし、あなたがこんなことで気になっているのであれば、このサイトはあなたのためのものです、、、

「将来のバロンドール候補は誰?」

「若手ベストイレブンを組むとしたら?」

「今現在、オススメの若手注目選手といえば?」

もし、この中に一つでも、当てはまるものがあれば、このサイトはあなたのためのものです。

なぜなら、このサイトではサッカー若手23歳以下の注目選手を世界25ヶ国から170名以上、取り上げているからです。

このサイトをチェックすればするほど、あなたは知る人ぞ知る若手有望株を他の方よりもリードして、いち早く見つけることができるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る