決定力不足の分析方法!あなたの試合観戦力を上げる秘密テクニック

この記事は3分で読めます

     

「日本代表には決定力が不足している・・・」

これすでにお馴染み?となってしまった感のある言
葉ではないでしょうか。

聞き過ぎてあなたは、、、

「決定力不足ってそもそもなんだったっけ・・・」

という、ゲシュタルト崩壊を起こしているかもしれ
ません(笑)

そこで今回は“決定力不足”にまつわる、様々な
用語や戦術について紹介!

実況や解説の方が語る決定力不足も今回出てくる用
語や戦術に起因しています。

「あぁ、だから日本は決定力不足って言われている
のか」と分析するためのヒントが必ずや見つかるで
しょう。

さらに「あなたの試合観戦力を上げるテクニック」
も最後の方でお伝えしているのでお楽しみに、、、

ゴールへの嗅覚が優れた選手が
居ると決定力不足は・・・


出典:Reuters

く聞く“ゴールへの嗅覚”も決定力不足に深く関
わる用語です。

このゴールへの嗅覚というのは「点を取るためのポ
ジショニング」のことを指します。

“ポジショニング”とはその名の通り「位置取り」。

どこに居れば、良いパスをもらえるか、ゴールに向
かってシュートを放てるか、そして決められるか。

この一連の流れを実行するために必要なのが、ゴー
ルへの嗅覚なのです。

「うん、ここに居れば点を決めるチャンスがありそ
うだ」。

どのチームにも、この匂いを嗅ぎ分けられる選手
が求められます。

ここ数年ではご存知、C・ロナウドがこの傾向
を強めていますね。

加齢によるドリブルスピードの減速は否めないこの
カリスマFW。

それでも、経験に裏打ちされたゴールへの嗅覚は今
だ健在。凄まじいものがあります。

         Sponsored link

シュート精度の高さと宇宙開発

ュート精度はシンプルに「シュートがゴールに
入るかどうかの精度」を指します。

シュート精度が低ければ当然、点は入りません。

“枠内シュート”と呼ばれるシュートを放つことがで
きず、あらぬ方向へボールが飛んでいきます。

残念ながら、現在の日本代表に多い決定力不足の最
たる例でしょう。

枠内に跳ばず空高く上がるシュートはサッカー用語
でその名も“宇宙開発”。

ただ、最近の代表戦では、、、

「できるだけゴール近くまでボールを運び、確実に
狙っていく」といった姿勢が見られることも事実。

先ほどお伝えしたゴールへの嗅覚に目覚めつつある
ケルンFW「大迫勇也」選手。

彼はゴールへの嗅覚に加え、シュート精度も高まり
つつある選手の一人です。

世界に通用するストライカーへとドイツで進化
遂げている最中と言えるでしょう。

ボール支配率の低さは決定力不
足に関係する?

ッカーでは試合を分析する際に、“試合スタッ
ツ”というものが使われます。

試合スタッツとは分かりやすく言い変えれば「試合
データ」です。

そしてこのデータには、、、

シュート数やファウル数、イエロー(レッド)カー
ド数、コーナー数、そしてボール支配率(ポゼッシ
ョン)などが含まれています。


出典:https://www.balls.ie

ボール支配率は「両チームが試合中どれだけボール
を保持しているかパーセンテージで表したもの」で
す。

もちろん、最高は100%。ただ聞いた事はないで
すし、まぁあり得ません(笑)

説明が長くなりましたね。本題に入ります。

私がサッカーのライトなファンの方に聞かれる質問
があります。

その内容は、、、

「じゃあ、支配率が高いということは点もしっかり
取って有利に試合を進めているってことだよね?」

というもの。

つまり、この方が言いたいのは「ボール支配率が高
い=決定力不足ではないはず」
ということだと思い
ます。

この問いに対する私の答えは「NO」です。

ボール支配率の高さと決定力不足は、必ずしもその
ような関係では結べません。

なぜなら“わざとボールを持たせることがある”から
です。

野球で言えば、打たせて取るピッチングに近いイメ
ージです。

サッカーでは以下の4点の流れで得点に繋げるこ
とがあります。

➀わざとボールを持たせ、相手選手を自陣に引き
 付ける

➁十分に引き付けたタイミングですかさずボール
 を奪う

➂前線にボールを素早く運ぶ

➃引き付けられている分、守備は脆くゴールを決
 められやすい

となります。つまりはカウンター攻撃ですね。

この流れが綺麗にできるチームは「ボール支配率が
低くとも確実に得点できる」ことになります。

つまり、ボール支配率と決定力不足の関係は無く、
むしろボール支配率が低いのにも関わらず得点でき
ている。

結論、「決定力は十分」という事になるでしょう。

決定力不足まとめ

・ゴールへの嗅覚で得点機を逃すかどうか

・日本代表に足りないのはシュート精度、しかし
 改善もみられる

・ボール支配率と決定力不足は、必ずしもイコ
 ールの関係にならない

本代表が言われ続けている“決定力不足”。

これを単純に「ゴールが決まらないことだ」と解釈
するのは良くありません。

決定力不足の原因を多角的に分析する必要があるで
しょう。

試合スタッツと試合内容が結びつくか、あるいは結
びつかないか。

自分なりの因果関係を見つける事で試合を観るのが
もっと楽しくなりますよ!

PS:
以下の「コメントを書く」から今回の記事の感想を
ぜひシェアしてください。

あなたからの貴重なコメントも必要としている熱心
なサッカーファンは数多くいるので一緒に共有しま
しょう。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ま
た、次回20時15分にお会いしましょう!

アジア人初バロンドーラー誕生のその日まで
-dai

         Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ファーストディフェンダー 意味
  2. サッカー 用語
  3. 大型FW ルカク
  4. ルイススアレス バルセロナ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    Sponsored link




アーカイブ

楽天ショッピングはポイントもどんどん貯まるし楽しい!



Author 斉藤



1984年生まれ。大阪府出身。

僕とサッカーとの出会いは小学4年の時。

市選抜チームの一員として小学6年の時にガンバ大阪のJ開幕戦の前座試合として一度、大阪「万博記念競技場」でプレー。

ガンバジュニアユースのセレクションを受けるもこれは見事に落選・・・。

中学では部活でサッカー部に所属し市選抜メンバー入り。

しかし、地域選抜入りまでとはならず。

また、サッカー雑誌を読むのが大の趣味でこの頃の 愛読誌は「ワールドサッカーダイジェスト」。

高校はよしもと所属のお笑い芸人〇〇さんがかつてキャプテンも務めていた大阪のサッカー部に入部。

3年間高校サッカーに没頭し、大学に入ってからは市社会人2部リーグで優勝を経験し1部に昇格。

その後、メンバー各々の事情もあって残念ながらチームは消滅・・・。

23歳の時にはアメリカ、ボストンに約1年間の語学留学。

韓国、台湾はもちろん、ヨーロッパや南米など世界中の人達との交流はなによりの財産。

あと、けっこうガチの草サッカーを一緒によくしたことも・・・笑

現在はサッカーにまつわる、あらゆる情報や国内外の23歳以下の若手有望株を一挙紹介するサイト運営に日々、奮闘中。

海外ニュースを独自翻訳した記事も多数あり。

好きな言葉は「点ではなく線で 考える」。

2016年7月からサイト運営1周年を迎え、新たに1名のライターを加えた共同運営を開始。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

更新チェックはfreedlyが簡単で便利!

follow us in feedly