バイタルエリアに巻き起こる得点の匂い!支配するのは誰だ?

この記事は3分で読めます

    

「FWの〇〇、どんどんと駆け上がるー、ディ
フェンスをかわしてゴール前だ!バイタルエリアは
ガラ空き!シュートー!」。

テレビ観戦中にも実況が時々、口にするこの“バイ
タルエリア”
というサッカー用語。

まず、初めにバイタルエリアとは大雑把に言えば
「ゴール前のエリア」のことを指します。

しかしながら、、、

「結局、バイタルエリアが空いていたらどうなるの
?」

「そもそも空けなければ良いんじゃないの?」

といった疑問も多いのが正直な所。

そこで今回はそんなバイタルエリアについて、もう
少し掘り下げてまとめてみました。

「バイタルエリアの支配者」ともいうべき重要な役
割を担う代表的な選手とは一体誰なのでしょうか。

どっちが守る?バイタルエリア
での葛藤

イタルエリアがどこを指すかもう少し詳しく説
明します。

「ゴール前かつ、DF陣とMF陣の間のエリア」、
つまりは「CBと守備的MF(ボランチ)の間のエ
リア」。

これがバイタルエリアです。

このエリアを空けてしまうと、相手の攻撃陣は一気
にミドルシュートを狙うことが可能に。

また、攻撃陣が複数である場合には、自らシュート
だけでなく、ゴールに直結するキラーパスを出
すことも容易になります。

だからこそ、守備時にはバイタルエリアを空けずに
必ず埋めておく必要があるのです。

ただ、ここに一つの問題が。

そう、それは「DFの選手とMFの選手どっちが守
るの?」
という問題です。

MFの選手には、攻撃的 or 守備的、あるいはその
両方をこなす選手が居ます。これはDFの選手も同
じです。

基本は守備を優先しますが、コーナーキックなどの
チャンス時には前線に上がることもあります。

この時の攻撃と守備の切り替えが遅れると、バイタ
ルエリアは空きがちに。

そして、DFとMFどっちがバイタルエリアを埋め
るのかといった問題に繋がるわけです。

         Sponsored link

バイタルエリアの攻略法!ヒン
トは〇〇にあった?

にこのバイタルエリアを空ける方法には「長短
ある多数のパス」、そして「ドリブラー」の存在が
挙げられます。

パスを多く使うことで、相手選手の視点は右へ左へ
と大忙し。

この揺さぶりは、マークやカバーの撹乱にも有効
です。

さらにそれが長短様々であった場合、動きが追い付
かなくなり、バイタルエリアを埋めることも難しく
なるのです。

ドリブラーはたった1人でもOKです。

たった1人でも破壊力のあるドリブラーが居れば、
相手選手はその動きを追ってマークに付かなくては
なりません。

さらに、そのドリブラーのクオリティが分かりやす
いところで、、、

C・ロナウド、ネイマールほどのクオリティであれ
ばどうでしょうか。


出典:Getty images

彼らのようなスーパーなドリブラーだと、人数をよ
り多く必要とします。

すると、バイタルエリアに割く人員は不足。空きや
すくなるというわけです。

若手選手のドリブラーによくある、、、

「あいつボール持ち過ぎ!」「結局ボールとられて
るじゃん!もったいない」

という批判を受けることがあります。

ただ、「バイタルエリアを空けるためのドリブル」
の場合もあるので、他の味方の動きにも注視したい
ところですね。

求む!バイタルエリアの支配者

こまで読んでくださった方ならもうお気付きの
はず。

「バイタルエリアを埋めるのが上手い選手って居な
いの?」

「もし居るならどんな特徴の選手が上手いの?」

という疑問です。

バイタルエリアは埋めておけば守備は強固に、逆に
空けてしまうと窮地に。そんな恐ろしいエリアなの
です。

だからこそ、「バイタルエリアの支配者」とも呼べ
る選手の存在が気になります。

近年では、バルセロナの「セルヒオ・ブス
ケツ」
がその筆頭でしょう。

彼は前線への巧みなボール配給もさることながら、
豊富な運動量で執拗に上下動を繰り返します。

チャンスと思えば上がり、危ないと思えば下がると
いう高度な危機察知能力の持ち主。

さらに、下がる時はバイタルエリアを積極的に埋め
に行き、綺麗にボールを刈り取ることができるので
す。

ブスケツのような選手はバルセロナだけでなく、多
くのクラブが必要としています。

日本の若手選手に目を向けると、00ジャパンの
「福岡慎平」選手の成長に期待したいところです。

彼はボール配給の正確さはもちろんのこと、10代
とは思えないほどのキャプテンシーを発揮。

自身だけでなく、味方を統率しながらバイタルエリ
アを埋めることができます。

「長谷部誠2世」との呼び声も高く、世界を相手に
できる選手へと大成する可能性を秘めています。

バイタルエリアのまとめ

・バイタルエリアはDFとMFの間のエリア

・空ければミドルシュートやキラーパスを狙われ
 る

・パスの多用やドリブラーの存在で空きやすくな
 る

・セルヒオ・ブスケツは世界最高峰のバイタルエ
 リアの支配者

・00ジャパンの福岡慎平にも期待したい

イタルエリアは攻守において重要なエリアです。

やけにミドルシュートが多い、キラーパスが通りま
くっている。

そんな試合を観た時は、バイタルエリアが埋まって
いるか空いているかに注目してみてください。

バイタルエリアでの選手の動きは一見地味ですが、
チームを根本から支える大切な役割なのです。

ボールを持っている選手だけが、観るべきポイント
ではないということですね。

PS:
以下の「コメントを書く」から今回の記事の感想を
ぜひシェアしてください。

あなたからの貴重なコメントも必要としている熱心
なサッカーファンは数多くいるので一緒に共有しま
しょう。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ま
た、次回20時15分にお会いしましょう!

アジア人初バロンドーラー誕生のその日まで
-dai

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大型FW ルカク
  2. C・ロナウド ゴール
  3. ルイススアレス バルセロナ
  4. ダイナモ フェルナンジーニョ
  5. サッカー 用語
  6. ファーストディフェンダー 意味
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

唯一無二のサッカー専門誌、月刊「フットボリスタ」最新号



23歳以下の若手で今、最高の評価を受けている選手とは?市場価値ランクトップ10

楽天ショッピングはポイントもどんどん貯まるし楽しい!



アーカイブ

Author 斉藤



もし、あなたがこんなことで気になっているのであれば、このサイトはあなたのためのものです、、、

「将来のバロンドール候補は誰?」

「若手ベストイレブンを組むとしたら?」

「今現在、オススメの若手注目選手といえば?」

もし、この中に一つでも、当てはまるものがあれば、このサイトはあなたのためのものです。

なぜなら、このサイトではサッカー若手23歳以下の注目選手を世界25ヶ国から170名以上、取り上げているからです。

このサイトをチェックすればするほど、あなたは知る人ぞ知る若手有望株を他の方よりもリードして、いち早く見つけることができるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る