サッカー選手が移籍を決断する4つの理由とは?

この記事は3分で読めます

     

籍。

それは選手にとって新しいクラブ、国でのチャレン
ジを意味する大きな岐路となる瞬間です。

長く在籍したクラブからの離脱、あるいは非常に短
い期間しか在籍しなかったクラブからの離脱にして
も、、、

そこには選手を移籍へと突き動かした紛れもない様
々な理由があります。

欧州サッカーの移籍市場がいよいよ終わりへと近付
く8月終盤。

選手が移籍を決断する際に考えられる理由を大きく
4つに分けまとめてみました。

あの世界的ストライカーの移籍事情についての実例
も挙げています・・・。

出場機会を求めて


出典:Getty images

れはまず、容易に想像できる理由ですよね。一
番重要と言っていいでしょう。

多くの給料を稼ぐことができる現代のサッカー選手
は正直、試合に出ずとも普通の生活を送ることがで
きます。

週に数十万はおろか、数百万、数千万稼ぐ選手だっ
ているのが現実です。

実際にC・ロナウドやメッシは週給約5千万円とも
言われています。凄い額ですよね。

とはいえ、人間どんな仕事にしたってやる意味や価
値を見出そうとするもの。
要はやりがいですね。

サッカー選手だって同じです。

多くの給料をもらうのと同時にそれに値する活躍、
そして知名度を上げ、サポーターからの称賛を浴び
たくなるのが普通。

サッカー選手としての短い現役時代にそのためのチ
ャンスを得るため、移籍を決断するのです。

クラブ、監督の理想、最高の友
情を求めて

れも移籍を決断する時の大きな理由になります。

決してビッククラブとは言えずとも、そこに息づく
クラブの文化、、、

カリスマ監督が描く青写真に自分が必要とされるの
であれば、喜んで移籍するというケースです。

今夏からマンチェスター・ユナイテッドに活躍の場
を移した、世界的FWズラタン・イブラヒモヴィッ
チ⇒I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝

彼がACミランからパリSGに移籍した際の理由はま
さにこれらがピッタリ当てはまるでしょう。

パリSGが描く「欧州ビッククラブになる」という
壮大な夢

さらには今まで多くのクラブでプレーを共にしてき
た盟友のブラジル人DF「マクスウェル」、そして
「チアゴ・シウヴァ」、、、

彼らとの友情もまた、イブラヒモヴィッチのパリSG
移籍を後押ししたと言えます。

        Sponsored link

引退後のセカンドキャリア、生
活を考えて

3つ目からは少し想像し難い理由かもしれません。

引退後のセカンドキャリアや生活を考えてという理
由です。

先ほどもお伝えしたように有名なサッカー選手であ
れば、現役時代に一生を過ごせるほどの給料を稼ぐ
ことは十分に可能です。

しかし、、、

引退後も華やかな生活を送り続けたい、別のビジネ
スにも挑戦したいともなると話は別。

わかりやすい例を挙げるならご存知、あの「デイヴ
ィッド・ベッカム」。

引退直前にアメリカに渡った理由は引退後のビジネ
スを想定してのことでしょう。

今や彼はアメリカを拠点とし、ファッション、広告
業などの宣伝頭、そしてアメリカで新クラブ設
まで試みています。


出典:Getty images

これらのビジネスを後押しするために必要だったの
が、引退直前のアメリカ移籍だったというわけです

引退直前にあの大スターがアメリカに渡るともな
れば知名度の一層の上昇はもちろん、、、

地元の人々からも非常に愛されるのでアメリカを拠
点とした後々のビジネスへも参入しやすくなるとい
うわけです。

ホームシックの解消、慣れた土
地への回帰

ッカー選手は多額の移籍金と同時に多くの期待
の中、移籍をしていきます。

しかし、、、

そういった期待に応えれず、新クラブのサポーター
からの非難や不甲斐ない結果しか出せない自分への
苦悩が日々積み重なっていきます。

数カ月、あるいは1、2年かけ、その負のスパイラ
ルから脱却することができる選手もいれば、そうで
ない選手も多くいます。

そうなると、、、

「もう疲れた・・・元のクラブに帰りたい・・・」

と、心身共に疲れ果てホームシックになるわけ
です。

これも移籍を決断する際の大きな理由となってきま
す。

あるいは、キャリア終盤を迎えたベテラン選手が自
分を育ててくれたユースチームのある国、生まれ故
郷である母国へ帰りたいという場合もありますね

典型的なのは現在の「カルロス・テベス」。


出典:Reuters

彼はアルゼンチンのボカ・ジュニアーズというクラ
ブのユース出身。

そのユースから同クラブでトップチームデビューを
果たした選手です。

そして彼自身はアルゼンチン人。

これほどまでに条件が整っている土地というのも中
々ありませんよね。

※ただ、彼はまだ32歳なので欧州トップレベルで
もっとプレーできる気もするんですが。

まとめ

ッカー選手が移籍を決断する4つの理由を最後
にまとめておきましょう。

①出場機会を求めて

②新クラブでの期待や友情に応えるため

③セカンドキャリア、引退後のビジネスのため

④慣れた土地への回帰

ここ数年の移籍市場で動く移籍金は言うまでもなく
高騰の一途。

それゆえ、そればかりが注目され我々サポーターの
中にはどうしても、、、

「金の亡者だ!裏切り者!」

といった見方をしてしまう方もいるでしょう。

もちろん、その気持ちは選手を愛するからこそ。分
からなくもありません。

しかしそういった際にはまず、この3点も考えてみて
はどうでしょうか?

・その選手の現時点での活躍
・今までの経歴の振り返り
・探れる範囲での今後の志向

「どこのクラブに行っても応援したい愛すべき選手」

そんな選手があなたにも現れることをお祈りしてい
ます。

PS:
以下の「コメントを書く」から今回の記事の感想を
ぜひシェアしてください。

あなたからの貴重なコメントも必要としている熱心
なサッカーファンは数多くいるので一緒に共有しま
しょう。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ま
た、次回20時15分にお会いしましょう!

アジア人初バロンドーラー誕生のその日まで
-dai

         Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ガブリエルバルボサ インテル
  2. レナトサンチェス バイエルン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    Sponsored link




アーカイブ

楽天ショッピングはポイントもどんどん貯まるし楽しい!



Author 斉藤



1984年生まれ。大阪府出身。

僕とサッカーとの出会いは小学4年の時。

市選抜チームの一員として小学6年の時にガンバ大阪のJ開幕戦の前座試合として一度、大阪「万博記念競技場」でプレー。

ガンバジュニアユースのセレクションを受けるもこれは見事に落選・・・。

中学では部活でサッカー部に所属し市選抜メンバー入り。

しかし、地域選抜入りまでとはならず。

また、サッカー雑誌を読むのが大の趣味でこの頃の 愛読誌は「ワールドサッカーダイジェスト」。

高校はよしもと所属のお笑い芸人〇〇さんがかつてキャプテンも務めていた大阪のサッカー部に入部。

3年間高校サッカーに没頭し、大学に入ってからは市社会人2部リーグで優勝を経験し1部に昇格。

その後、メンバー各々の事情もあって残念ながらチームは消滅・・・。

23歳の時にはアメリカ、ボストンに約1年間の語学留学。

韓国、台湾はもちろん、ヨーロッパや南米など世界中の人達との交流はなによりの財産。

あと、けっこうガチの草サッカーを一緒によくしたことも・・・笑

現在はサッカーにまつわる、あらゆる情報や国内外の23歳以下の若手有望株を一挙紹介するサイト運営に日々、奮闘中。

海外ニュースを独自翻訳した記事も多数あり。

好きな言葉は「点ではなく線で 考える」。

2016年7月からサイト運営1周年を迎え、新たに1名のライターを加えた共同運営を開始。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

更新チェックはfreedlyが簡単で便利!

follow us in feedly