欧州サッカー2016~2017年夏の移籍、注目の若手ランキングトップ10!あなたの1位は?

この記事は4分で読めます

     

グバやイグアインなどビックディールの移籍で
沸いた「2016年夏の移籍」。

様々な選手の移動があった今回の市場もこれにて閉
幕。

いよいよ各国リーグの試合も本格化していきます。

そんな2016年夏の移籍の裏には、多くの注目す
べき若手選手(23歳以下)の移籍も続出しまし
た!

ということで、独断と偏見による「注目の若手選手
移籍ランキング」トップ10を作成。

「いやいやその選手は違うだろー」、、、

との声もあるかもしれませんが振り返りも兼ねて、
やんわり見ていただけると幸いです。

あなたが思うランキングトップ10もぜひ、コメント
欄から教えてください。

“注目の若手選手移籍ランキング“
※移籍金額は報道メディア、ボーナス等によって違
いアリ。あくまでも推定金額。

10位 FWミヒー・バチュアイ
(マルセイユ→チェルシー)約
41億円


出典:Reuters

あのご存知、ドログバもマルセイユからのチェルシ
ーでした。

両足で器用にシュートを叩き込めるバチュアイ。

チェルシーのレジェンドとなったドログバの系譜
を辿れるかに注目が集まります。

監督であるコンテは4-4-2をシステムの基本と
しており、ジエゴ・コスタとの相性が見物ですね。

9位 MFディアワラ(ボロー
ニャ→ナポリ)約21億円


出典:Reuters

イグアインを放出したナポリは積極的に注目株を獲
得。

その中でもディアワラは、ライバルのユヴェントス
も狙う選手でした。まだ18歳。

彼はスピード、テクニックを併せ持ち前線へのパス
供給もこなせるゲームメイカー

今季は、イグアインの穴を如何に埋めていけるかが
課題となります。

8位 MFレナト・サンチェス
(ベンフィカ→バイエルン)約
43億円


出典:Reuters

すでに終了したEURO2016からその存在感は
十分。

比較的早い段階から獲得が決定しており、サポータ
ーも「こんな選手が来てくれるのか」と注目の声多
数でした。

ダイナミックな攻撃参加もフィジカルを活かした中
盤での守備も可能です。

一時は「本当に18歳なのか?」という声もありま
したが、後に18歳であることを証明しましたよ
(笑)

7位 DFファエル・ゲレイロ
(ロリアン→ドルトムント)約
14億円


出典:Getty images

ムヒタリアンやギュンドアンなど、主力の流出が続
出したドルトムント。

しかし、終わってみればゲッツェの復帰や、シュー
ルレの獲得、そしてEURO2016でも活躍した
ゲレイロの獲得に成功。

サイドバックとしての守備はもちろん、素早い攻撃
参加も可能な選手です。

精度の高いクロスをチームへ供給し、打倒バイエル
ンを目指します。

6位 FWパコ・アルカセル
(バレンシア→バルセロナ)約
36億円


出典:Reuters

待望のMSNの4番手。やっと決まりました、やっ
とです(笑)

バレンシア時代からソルダードやネグレドなど、数
多くの選手とポジション争いを重ねてきたアルカセ
ル。

周囲の環境に負けないそのひたむきな姿勢が、
バルセロナでも発揮されることを期待します。

そして、MSNの一人が欠けた際に訪れるであろう
出場機会で、如何にアピールできるかがポイント

なりますね。

         Sponsored link

5位 FWムニル・エル・ハダ
ディ(バルセロナ→バレンシア
)※買い取りOP約14億円


出典:Reuters

MSNの4番手となったアルカセルの移籍に伴い、
トレード要員としてムニルがバレンシアへ。

しかも約14億円とされる買い取りOP(オプショ
ン)がついています。

一部のバルセロナサポーターからは「なぜムニルを
手元に置いておかないのか」との声も。

貴重なバルセロナのカンテラ出身ですからね。

スタメンからカンテラ選手が減っていく・・・そし
て、高齢化している現状を考えれば、残しておいて
も良かった気はします。

ただ絶対に買い取られるかは現時点で未定。

それにブレイクして買い取られても、多額のお金を
積んでのバルセロナ復帰もあり得るかもしれませ
んね。

バルセロナの資金力なら可能ですよ。

4位 FWブレール・エンボロ
(バーゼル→シャルケ)約23
億円


出典:Getty images

EURO2016ではスイス代表として攻撃陣を牽
引。

屈強なフィジカル、スピード、そして類稀なゴール
センスを持つ、ストライカーです。

その強さと速さを武器にプレミアリーグでの活躍も
期待されましたが、早くから交渉を進めていたシャ
ルケへの移籍が決定。

バーゼル時代は、いわゆる“無双状態”のシーン
も多数(笑)

まだ19歳の彼がドイツで本物になれるかどうか、
今季が非常に楽しみですね。

3位 DFジョン・ストーンズ
(エバートン→マンチェスタ
ー・シティ)約63億円


出典:Reuters

チェルシーが昨年から狙っていた英国人DFは、
結局ペップのいるシティへ。

ボール奪取能力だけでなく前線へのフィード
にも優れるため、見事ペップの目に留まったわけ
ですね(笑)

「そりゃ欲しいわ」というわけです!

多国籍軍団のシティの中で、国内選手として一定
の地位を築けるかに注目したいところです。

クラブの絶対的存在“バンディエラ”にぜひ
とも、なってもらいたいです。

2位 FWガブリエル・ジェズ
ス(パルメイラス→マンチェス
ター・シティ)約38億円


出典:Getty images

ブラジル五輪でも大活躍。

ネイマール2世と呼び声高い、「2人のガブリエル
」の内の1人ですね。ブラジルの至宝です。

ドリブルのセンスはピカイチで、見ていてワクワク
する選手です。

ただ、シティのサイドにはスターリングやナバス、
リロイ・サネがおり、ポジション争いは結構大変そ
う。

ペップがどこまで使ってくれるかで、欧州参戦成功
の可否が決まりそうです。

1位 FWガブリエル・バルボ
サ(サントス→インテル)約3
2億円


出典:Reuters

こちらも同じくネイマール2世、愛称「ガビゴル」
ことガブリエル・バルボサです。

ドリブル技術だけでなく、力強いシュートを叩きこ
むことができる選手ですね。

セリエAでは、依然としてユヴェントスがタイトル
を独占中。

そんな中、今夏のインテルはバルボサに、ジョアン
・マリオも獲得。

覇権の奪還へかなり積極的なご様子です。

インテルで活躍することができれば、資金力のある
プレミアリーグやスペインリーガの2大巨頭
の移籍も視野に入ってくるでしょう。

バルボサもジェズスも、元々は「レアルかバルセロ
ナ」って言われてましたしね。

まとめ

➀1位ガブリエル・バルボサ
 2位ガブリエル・ジェズス
 3位ジョン・ストーンズ、
 4位ブレール・エンボロ
 5位ムニル・エル・ハダディ。

➁ポグバやイグアインの超高額移籍の裏に若手
 選手の高額移籍も多数。

➂EURO2016で活躍した若手選手の移籍
 が目立つ。ブラジル勢は五輪組。

④プレミア勢の資金投入がハンパない。その額は
 10億ポンド(約1350億円)を超えたとも
 。

PS:
以下の「コメントを書く」から今回の記事の感想を
ぜひシェアしてください。

あなたからの貴重なコメントも必要としている熱心
なサッカーファンは数多くいるので一緒に共有しま
しょう。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ま
た、次回20時15分にお会いしましょう!

アジア人初バロンドーラー誕生のその日まで
-dai

         Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. レナトサンチェス バイエルン
  2. サッカー 移籍
    • 和大生
    • 2016年 9月3日

    やはりというかなんというか大きな大会で結果を出した選手が多いですね
    ゲレイロにバルボサ、ジェズスなど……
    ロンドンオリンピックの時の大津選手なんかまさにそうだったように思います
    そういった意味でもオリンピックでの日本代表の敗戦は痛すぎました……
    こういったランキングにアジアの選手がのる未来が早く来てほしいです……。

    • 斉藤
      • 斉藤
      • 2016年 9月3日

      ズバリ、本当にそう思います。

      注目度が上がる国際舞台での上位進出、個人の活躍は
      海外クラブのスカウト陣の目に留まりますからね。

      日本の予選敗退はそういった意味でも痛すぎました。

      日本代表含めアジアの選手がもっともっと日頃から高
      いレベルの環境でやるしかないですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    Sponsored link




アーカイブ

楽天ショッピングはポイントもどんどん貯まるし楽しい!



Author 斉藤



1984年生まれ。大阪府出身。

僕とサッカーとの出会いは小学4年の時。

市選抜チームの一員として小学6年の時にガンバ大阪のJ開幕戦の前座試合として一度、大阪「万博記念競技場」でプレー。

ガンバジュニアユースのセレクションを受けるもこれは見事に落選・・・。

中学では部活でサッカー部に所属し市選抜メンバー入り。

しかし、地域選抜入りまでとはならず。

また、サッカー雑誌を読むのが大の趣味でこの頃の 愛読誌は「ワールドサッカーダイジェスト」。

高校はよしもと所属のお笑い芸人〇〇さんがかつてキャプテンも務めていた大阪のサッカー部に入部。

3年間高校サッカーに没頭し、大学に入ってからは市社会人2部リーグで優勝を経験し1部に昇格。

その後、メンバー各々の事情もあって残念ながらチームは消滅・・・。

23歳の時にはアメリカ、ボストンに約1年間の語学留学。

韓国、台湾はもちろん、ヨーロッパや南米など世界中の人達との交流はなによりの財産。

あと、けっこうガチの草サッカーを一緒によくしたことも・・・笑

現在はサッカーにまつわる、あらゆる情報や国内外の23歳以下の若手有望株を一挙紹介するサイト運営に日々、奮闘中。

海外ニュースを独自翻訳した記事も多数あり。

好きな言葉は「点ではなく線で 考える」。

2016年7月からサイト運営1周年を迎え、新たに1名のライターを加えた共同運営を開始。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

更新チェックはfreedlyが簡単で便利!

follow us in feedly