リーガエスパニョーラは最強の選手が辿り着く地!そのレベルとは?

この記事は3分で読めます

     

ルセロナ、レアル・マドリード。

この2大巨頭は、スペインのリーグであるリーガエ
スパニョーラでは最強レベルのクラブです。

いやっサッカー界全体を見渡しても2大巨頭と呼べ
るにふさわしいでしょう。

“最強の選手が辿り着く地”、それがリーガエスパニ
ョーラ!

バルセロナ、レアル・マドリードを筆頭に、スペク
タクルなサッカーは観客を魅了します。

今回はそんなリーガエスパニョーラ特集。特徴やレ
ベルについて紹介していきます。

スペインリーグには興味がない方、また海外サッカ
ー自体をあまり観たことがない方、ぜひお楽しみく
ださい!

リーガエスパニョーラはバルサ
、レアルの2大巨頭だけ?その
レベルとは?


出典:Getty images

頭でもお伝えした通り、リーガエスパニョーラ
の名声を引き上げているのは、バルセロナとレアル
・マドリードの2大巨頭です。

※以下、略称でリーガ、バルサ、レアルとします。

近年ではその2クラブの対抗馬として、アトレティ
コ・マドリードが躍進してきています。

ご存知、日本代表「清武弘嗣」選手が所属するセビ
ージャも無視出来ない存在になってきました。

ただ、やはりズバ抜けて強くブランド力も最強
ベルにあるのは紛れもなくバルサとレアル。

この2クラブに太刀打ちできるほどのクラブは、他
国リーグでもそうありません。

※世界に存在するサポーター数でいえば、約6億6
000万人のマンチェスター・ユナイテッドが勝ち
ますが。

という事は一つの疑問点が浮かび上がってきませ
んか?

そう、

「じゃあリーガって、バルサとレアル以外はつまら
ないんだね?」

という意見。かつての私もそう思っていました。

        Sponsored link

サポーターを楽しませてナンボ
のリーガエスパニョーラ

「バルサとレアル以外はつまらない」

それはひょっとすると大きな大きな間違いかもしれ
ません。

実際に試合を観てみると分かります。リーガのどの
クラブにも当てはまる共通点が。

それは、、、

「サポーターを楽しませるサッカーをしていること」

に他なりえません。

では比較対象としてプレミアリーグやセリエAはど
うか?

そこはやはり、「堅実なサッカー」である場合が多
いですね。

冒頭でもお伝えした通り、どのクラブも攻撃的でス
ペクタクルなサッカーを展開しています。

つまりは「魅せるサッカー」

タレントの質でいえば、バルサとレアル、そしてア
トレティコには遠く及ばない他クラブ。

しかし、この見せ場へのこだわりはどのクラブも尋
常ではないのです。

どのクラブもサポーターを楽しませなければ意味が
ないくらいに思っています。リーグ全体の共通理念
と言っていいでしょう。


出典:Reuters

「1-0の勝利よりも、4-5の美しい
敗北を」

バルセロナ監督時代の故ヨハン・クライフの言葉で
す。

1-0というつまらない試合をするくらいなら
4-5でサポーターを沸かせよう。

負けたって構わない、美しいサッカーで楽しませ
ようじゃないか!

というものですね。

彼の言葉はあまりにも渋すぎます。

これは、バルセロナの美しい攻撃的サッカーの象徴
的な言葉。

それと同時に、リーガのサッカースタイルそのもの
も表現しているといえます。

メッシとC・ロナウドが同じ時
代に居るという奇跡

こまでお伝えしてきた通り、リーガのサッカー
はバルサとレアル以外の試合も十分楽しく観ること
ができます。

巧みなパスワーク、華麗なボールタッチ、高精度な
ミドルシュート、、、

本当にスペクタルなゴールが量産されています。

ただ、やはり別格なのはバルサとレアル。ミーハー
でも何でもなくこれは認めざるを得ません。


出典:Reuters

特に現代にはそれぞれにメッシ、C・ロナウドとい
う、圧倒的スター選手がいます。

“最強中の最強”がこの2人。サッカーファンでなく
ても一度は聞いた事がある名前です。

こんな超次元的な選手が同リーグに居ること。

ましてや、強い因縁関係のあるこの2クラブに居る
こと自体が奇跡です。

これを観ずしてサッカーファンが語れましょうか。
いや、語れません(笑)

今ではすっかりお馴染みとなったバルサのメッシ、
スアレス、ネイマールのMSN。

そして、レアルのベンゼマ、ベイル、C・ロナウド
のBBC。

最強中の最強の2選手が、自身以外のスター選手ら
とトリオまで組んでしまっているというこの事実!

彼らのプレーを観る際は、バルサとレアルどちらの
サポーターでなくてもOKです。

そんな事情抜きにして面白すぎます。

彼らの脳裏にリーガの共通理念である「楽しませる
こと」があるかはわかりません。

ただ、そのサッカーが楽しく面白いものであること
は間違いなしです。

「あ、サッカーってこんなにシュートシーンがある
スポーツだったんだ」。

幼き頃のサッカーを知らない私にそう気付かせてく
れたのは、リーガのサッカー。

「サッカーってこんな高いレベルのスポーツだった
んだ」。

大のサッカーファンになった私にそう教えてくれた
のは、バルサとレアルのサッカーでした。

リーガエスパニョーラまとめ

・サポーターを楽しませること、面白いサッカー
 をすることが命。

・バルサとレアル以外のクラブも攻撃的で見応え
 がある。

・バルサとレアルはやはり、別格。

・メッシとC・ロナウドの同時出現は奇跡。

・サッカーとは何かに気付くことができる?

PS:

世界一スペクタルなサッカーを展開するスペイン、
リーガエスパニョーラ。

そんな観客を魅了するリーガを堪能するにはWOW
OW
がオススメです。

伝統の一戦バルサ VS レアルの「クラシコ」はもち
ろん、その他関連番組なども見応えたっぷり!

e割があるのでご加入の際は電話ではなくネットか
ら必ず申し込んでください。

加入料、初期費用なども一切かからないので今すぐ
チェックしてみてくださいね⇒WOWOW

今回も最後までお読み頂き有難うございました。ま
た、次回20時15分にお会いしましょう!

アジア人初バロンドーラー誕生のその日まで
-dai

         Sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ブンデスリーガ レベル
  2. セリエA ユベントス
  3. スカパー サッカー
  4. プレミアリーグ 監督
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    Sponsored link




アーカイブ

楽天ショッピングはポイントもどんどん貯まるし楽しい!



Author 斉藤



1984年生まれ。大阪府出身。

僕とサッカーとの出会いは小学4年の時。

市選抜チームの一員として小学6年の時にガンバ大阪のJ開幕戦の前座試合として一度、大阪「万博記念競技場」でプレー。

ガンバジュニアユースのセレクションを受けるもこれは見事に落選・・・。

中学では部活でサッカー部に所属し市選抜メンバー入り。

しかし、地域選抜入りまでとはならず。

また、サッカー雑誌を読むのが大の趣味でこの頃の 愛読誌は「ワールドサッカーダイジェスト」。

高校はよしもと所属のお笑い芸人〇〇さんがかつてキャプテンも務めていた大阪のサッカー部に入部。

3年間高校サッカーに没頭し、大学に入ってからは市社会人2部リーグで優勝を経験し1部に昇格。

その後、メンバー各々の事情もあって残念ながらチームは消滅・・・。

23歳の時にはアメリカ、ボストンに約1年間の語学留学。

韓国、台湾はもちろん、ヨーロッパや南米など世界中の人達との交流はなによりの財産。

あと、けっこうガチの草サッカーを一緒によくしたことも・・・笑

現在はサッカーにまつわる、あらゆる情報や国内外の23歳以下の若手有望株を一挙紹介するサイト運営に日々、奮闘中。

海外ニュースを独自翻訳した記事も多数あり。

好きな言葉は「点ではなく線で 考える」。

2016年7月からサイト運営1周年を迎え、新たに1名のライターを加えた共同運営を開始。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

更新チェックはfreedlyが簡単で便利!

follow us in feedly